Tag: 婦人科疾患 子宮筋腫 子宮内膜症 更年期障害 生理痛
婦人科疾患

病名がいくつあっても鍼灸では一つの治療で大丈夫

画像の説明

生理不順・無月経・PMS・月経困難症・子宮筋腫・子宮内膜症・更年期障害・チョコレート嚢胞・多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)・子宮がん・乳腺炎・乳がん・etc...

あれもこれも病名を抱えて「私の身体、いったいどうなってしまったんだろう?」と落ち込んで来られる方も多いです。

でも大丈夫!

東洋医学では体はすべてつながっていると考え、いろんな症状を呈していても診断と治療法は一つです。ただその方の調和のバランスを整えると、全体が変化していきます。たとえば子宮筋腫で来院した方が、腰痛も胃腸の調子もよくなる、というように全体がよくなっていくのが東洋医学の治療なのです。

けれど人によって体質や状態に違いがあれば、同じ子宮筋腫でも治療方法は違ってきます。

病気だけを診ずに、丸ごと人を診るホリスティックな(全体的)治療が鍼灸なのです。
だから和心堂では一人ひとりの状態をしっかり診てその方に会ったオーダーメイドの治療をします。一遍通りにはできないのです。