日本初!東洋医学(鍼灸)・ヨガ・瞑想の3つの力で更年期前の疲れを内側から健康&キレイに根本改善する女性鍼灸師 和心堂 口コミNo.1

クイズで「読むだけでキレイ&元気になる生理と女性ホルモンの本当の話」無料プレゼント

東洋医学から観たアトピーの原因って何だろう?

絵里子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
絵里子
重度のアトピーで寝たきりになったのをきっかけに、ヨガ・瞑想・東洋医学(鍼灸)の世界にハマる。おかげで、治りにくい大人アトピーをすっかり完治。現在は東洋医学(鍼灸)・ヨガ・瞑想の3つの力で更年期前の疲れを健康&キレイに根本改善する女性鍼灸師として活躍。東京都三鷹の和心堂院長。セミナーや企業研修の講師も行なっている。
詳しいプロフィールはこちら

ごきげんいかがですか?

東洋医学×ヨガ×瞑想の3つの力で不調改善する鍼灸師

東洋医学コンサルタントの宮城絵里子です。

 

先日はアトピーは完治しますよ!ってお話をいたしました。

今日は東洋医学から観たアトピーの原因について話して行きたいと思います。

・・・と言っても、アトピーに限らずなお話です。

 

私たちって病気になると

その部位ばっかりにこだわってしまいますよね。

でも本当はそうじゃないんです。

 

実はこれが一番大切なポイント。

 

病気になると、あーでもない、こーでもない

藁をも掴む気持ちで

しょーもないこと考えます。

 

でも本当の話をしよう。

本当の秘密。私が体験した本当のこと。

 

この記事はね、

もう本当に深刻に悩んでいる方にむけて書いています。

なので気でグイグイ迫って話します。

(本当はそんなに怖くないから逃げないでーw)

 

そんなに悩んでない人は、こちらすっ飛ばして

次回の効果的なセルフケアの記事まで待っててくださいw

 

アトピーの原因はいったい何?

 

そもそも、アトピーの原因っていったい何でしょう?

食べ物? 化学物質? 洗剤? ダニ? ほこり? 肌のバリア機能がおかしい?

運動不足? 寝不足? ストレス? トラウマ? 親子関係? 過労?

 

私が思うに・・・。

これら全て原因になります。

いや、言い方を変えよう。

これらが原因にならないこともある。

ってことです。

 

どっちやねん?って話ですよね。

 

 

病気は「思い込み」と日々の「積み重ね」から起こる

 

私たちの体は生まれてからずっと調和を保つために維持されています。

これ、さらりと言いましたけど、めちゃくちゃすごい奇跡的なことなんですよ!

 

自然と呼吸し、食べれば排泄し、夜になると眠くなる。

体が「調和して健康に生きる仕組み」が生まれつき備わっている。

生まれつき、健康の形状記憶装置が仕掛けられている。

(ここポイント。テストに出るよ!)

 

そしてもし何か命を脅かすことがあったのならば「症状」を出して治そうとするんです。

鼻水が出るのも、膿が出るのも、炎症が起こるのも

「調和=健康」に戻ろうと作用です。

 

しかし年齢を重ねていったり、命を脅かすほど積み重なると

体は戻ろうとしてもなかなか戻らない。

 

あなたの体の中は、働けど働けど、仕事は減らず。

なんというブラック企業状態。

 

そしてある日

あなたの「虚を衝く」出来事が起こる。

そうすると、大きな病気になるわけです。

 

この「虚」が

肉体的には、いわゆる体質だったり

生活習慣や精神状態な訳です。

 

インフルエンザになる人とならない人の違いって何?

同じ薬飲んで効く人と効かない人がいるのはなぜ?

 

それぞれの「虚」の違いにあるわけです。

 

東洋医学から観た病気になる原因とは?

 

東洋医学では、そもそも「病気の原因は?」という問いに対して

3つ原因があるよ、と提示しています。

それは

「内因」「外因」「不内外因」

 

病気になる3つの原因

内因

内因とは、感情の乱れ。「七情」と言われ「怒・喜・思・憂・悲・恐・驚 」をさします。

感情の変化によって引き起こされる症状を「内因」と言います。

「え?喜びも?」と思いますでしょ?

そうなんですよ。

例えば、大好きなアイドルのコンサートで失神したりするのは

喜びが乗じて「心」という感情を司る臓腑に影響を与えることで起こる症状なのです。

 

外因

次に、「外因」。環境の変化を指します。

自然現象が起こす環境の変化「六気」のことを指します。

それらが体の適応能力を超えるほどの異常な気候変化となった場合に

「邪気」となって影響を及ぼします。

「風邪(ふうじゃ)」「暑邪」「火邪」「湿邪」「燥邪」「寒邪」

今年の夏は暑かったですからね〜、この「暑邪」にやられた人も多いでしょう。

 

不内外因

そして、不内外因は読んで字のごとく、どちらにも当てはまらないな〜っていうもの。

例えば、「飢餓」「食べ過ぎ」「過労」「性生活の乱れ」「事故などによる外傷」「虫さされ」

「生活習慣」や「予期せぬ災害」などなど。

 

これが東洋医学で考える病気の3つの原因。

・・・以上。

 

なーんて、ざっくりすぎる?

全く参考にならない、って?

でもね、これが真実。

なので、冒頭にあげた様々なことが

全て「原因」となるって言ったんですね。

 

内が堅固ならば外から侵襲されても大ごとにならない

 

先ほどの3つの原因、これらを2つにも大別しても考えられます。

「外感」と「内傷」と言います。

外感は先ほどの「六気」や「天災」「外傷」

内傷は「感情の乱れ」「飲食」「性の乱れ」など。

 

外から影響を受けるか、内側から損傷するか。

 

外側の環境はすべて取り除くことはできません。

 

しかし、内から傷つけて虚が起こらなければ

いくら嵐が来ようが槍が降ろうが(槍はムリか。。。)

風雪に耐えることができる

東洋医学は考えます。

 

私が鍼灸が大好きなのは、

鍼灸は病気を治すだけでなく

「健康な人をさらに健康で幸せにする技術」

だからです。

それは、人間がどうしたら健康に幸せに生きられるか?を考え抜いた医学なんですね。

 

東洋医学の古典には、

「虚」を作らないためには

「陰陽の道理」に従った生き方をすることだと、

それに逆らった生き方をすると病気になるよ、と述べています。

 

陰陽の道理ってなに?

 

それは「あなたの本質にあった生き方」って

言い換えてもいいんじゃないかと思います。

 

私は寝たきりのアトピーのどん底になった時に

初めて「幸せになりたい!元気になりたい!」と思いました。

 

じゃあ、私にとって幸せって何?

元気って何?どんな人生を生きたいの?

 

それまでの人生では「ただ流されるままに生きていた。」

今思えばなんて虚ろに生きていたことか。

 

なんとなく。。。なんとなく憂鬱。

いつもそんな感覚だった。

 

しかし突然寝たきりになって初めて「目が覚めた感覚」があったんですね。

強烈に「こんなの違う。幸せになりたい!元気になりたい!」と思いました。

 

そんな中、東洋医学の神秘に出会いました。

東洋医学は病気をみる医学ではない。

いかに幸せに生きるか?を考え抜いた医学

そこに私は救われたのでした。

この病気の苦しみが、私の本質に触れたきっかけになったんですね。

 

 

遺伝子は幸せの種類を嗅ぎ分けて変化する

 

現代医療では病気は全て遺伝子によって左右される!と思われていました。

けれど、実はそうでないことが最近解明されてきているのですね。

 

なんと遺伝子レベルで幸せの種類を嗅ぎ分けて

それによって変化しているそうなのですよ。

 

幸せには2種類あって、

「快楽追求型」と「生きがい追求型」

幸福を感じているのは同じだけれど

遺伝子に与える影響に差が出るそうです。

 

例えば

ストレスが溜まって満たされない欲求を「食」で満たそうとする行為

これが「快楽追求型」

 

「今日も健康に、美味しいご飯を食べられる幸せ!ありがとう!感謝だ!」

という満たされた気持ちで「食」をとる

これが「生きがい追求型」

 

前者は炎症(すなわち老化)を増やす遺伝子に影響を与え

後者は炎症を抑制する遺伝子に影響を与える

という研究結果が出ているのです。

 

だから、どんなにお肌にビタミンCが良くても

あなたの病気の本質が快楽追求型であれば

お肌は回復していきません。

どうごまかしても

いつかその不調をあらわします。

 

あなたの体はあなたの本音を見抜いているんですよ。

 

 

本質に触れたとき病気は癒しに向かう

 

ビタミンAは目にいいとか、ビタミンCはお肌にいいとか、

そういうのってはっきり言って枝葉なのです。

枝葉を手入れすれば治るくらいの人との会話は

「そうそう!これがいいよ、あれがいいよ♪」って

ディープな健康オタク炸裂で会話が弾みます。

 

でもね

それらを摂取して治る病気ならば

大したことありません。

とってもとらなくても

ほっといても自然治癒します。

 

 

一方、本質に触れないと治らない人の場合

本当に深い癒しが起こるとき

みんな号泣します。

 

また、まだ本質に触れる準備ができていない人は

そういう人ほど

「どうしたら治りますか〜?」とか

「何食べたらいいですか〜?」とかよく聞いてきます。

 

そして大抵

「本気で答え聞いてない」です。

(やりもしないのに聞いてきますw)

 

最近はね、暖簾に腕押ししてても面白くなくてね、

そういう人は他に行ってもらえばよし

私も本気で本質に触れたい人に出会いたいと思うんですよ。

 

でも、私親切なんで(笑)

まだ本質に触れたくないでさまよっている方に

一番効果的なこと伝えたいと思います。

 

自分の本音・本質に触れて

それを受け入れたとき

人は瞬時に癒しに向かいます。

 

 

あなたの虚はなんですか?

 

どうでしょう?

先ほどの外感と内傷から考えて

あなたの毎日は、内側から自分を傷つけていませんか?

 

あなたの「虚」はなんですか?

 

いやそれがわからないからブログ読んでるって思ってます?

 

いえいえ、違います。

本当の原因は、

本人が一番よく知っている

 

甘いものやお酒は控えめな方がいい。

香辛料やカフェインは取りすぎは良くない。

睡眠不足やスマホのやりすぎは体に悪い。

脂っこいものを食べ過ぎるのは胃腸が疲れる。

 

でもそれをやってしまうのはなぜですか?

なぜですか?

あなたがそうしてしまうのはなぜですか??

 

それはあなたが一番よく知っているはずです。

それをしてしまう、それに向かわせてしまうのはなぜなのでしょうか?

今、病気で苦しんでいる人がいたら

それ考えてみてー!

本当に楽になるから。

 

そして、その糸口が一人ではなかなか見つからないよ〜と言う方は

ぜひうちにいらしてください。

一緒に探しましょう。

枝葉も含めて、お手伝いします。

 

でも、

治すのはあなた自身よ。

私じゃないから。

あなたの中の健康の形状記憶が治してくれるので

自分の本質に触れるつもりで来てね。

 

続く。

まとめ

  1. 病気(不調和)を起こす3つの原因を知ろう
  2. 遺伝子はあなたの本音を知っている
  3. 自分の本音・本質に触れてそれを受け入れたとき人は瞬時に癒しに向かう。
  4. 枝葉(方法論)の前にあなたの不調和を起こす原因(虚)は何かを探ってみよう

 

 

LINE@追加してね!LINE@だけのここだけの話あるよ!

友だち追加

参照:A functional genomic perspective on human well-being
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3746929/pdf/pnas.201305419.pdf

この記事を書いている人 - WRITER -
絵里子
重度のアトピーで寝たきりになったのをきっかけに、ヨガ・瞑想・東洋医学(鍼灸)の世界にハマる。おかげで、治りにくい大人アトピーをすっかり完治。現在は東洋医学(鍼灸)・ヨガ・瞑想の3つの力で更年期前の疲れを健康&キレイに根本改善する女性鍼灸師として活躍。東京都三鷹の和心堂院長。セミナーや企業研修の講師も行なっている。
詳しいプロフィールはこちら