日本初!東洋医学(鍼灸)・ヨガ・瞑想の3つの力で更年期前の疲れを内側から健康&キレイに根本改善する女性鍼灸師 和心堂 口コミNo.1

クイズで「読むだけでキレイ&元気になる生理と女性ホルモンの本当の話」無料プレゼント

若い女性に増えている頻尿(過活動膀胱)や尿もれに鍼灸とヨガ

絵里子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
絵里子
重度のアトピーで寝たきりになったのをきっかけに、ヨガ・瞑想・東洋医学(鍼灸)の世界にハマる。おかげで、治りにくい大人アトピーをすっかり完治。現在は東洋医学(鍼灸)・ヨガ・瞑想の3つの力で更年期前の疲れを健康&キレイに根本改善する女性鍼灸師として活躍。東京都三鷹の和心堂院長。セミナーや企業研修の講師も行なっている。
詳しいプロフィールはこちら

ごきげんいかがですか?

東洋医学×ヨガ×瞑想の3つの力で不調改善する鍼灸師、東洋医学コンサルタントの宮城絵里子です。

今日は、NHKの特集番組「東洋医学のホントの力」で取り上げられていた

若い女性にも増えている頻尿(過活動膀胱)や尿もれと

鍼灸とヨガのお話をしたいと思います。

人知れずもう悩まなくていいんだよ!

 

今若い女性にも増えている頻尿(過活動膀胱)や尿もれ

 

トイレが近い、といえばお年寄りのイメージがありますが

 

実は最近は出産を終えた女性や更年期の女性だけでなく

20代の若い女性まで頻尿(過活動膀胱)や尿もれに悩んでいます。

 

お風呂から出たら、お湯がジャーっと膣から漏れるなんて事ありませんか?

くしゃみをして「あっ!」てことありませんか?

デリケートな病気なので、人知れず悩んでいる人も多いです。

 

恥ずかしながら、私も若い頃にものすごくトイレが近かった経験があります。

まるでミルク飲み人形みたいに、水分を取るとすぐに行きたくなって

特にトイレのない場所に行く時や、海外旅行などは不安で仕方ありませんでした。

 

東洋医学やヨガを知った今では全くなし!です。

 

頻尿(過活動膀胱)と尿もれの一番の根本原因は消化機能の衰えと冷え

 

頻尿や尿もれは骨盤底筋の衰えをよく指摘されますね!

骨盤底筋が衰えると、頻尿になるのはみなさんご存知だと思います。

では骨盤底筋はなぜ衰えるか?知っていますか?

 

いくつか原因はありますが、

一番多い根本原因は「食べ過ぎ」と「冷え」なのです。

東洋医学では、「脾気虚」「腎陽虚」っていうんですけどね、むずかしい用語はおいといて。。

 

●  食べ過ぎると消化機能に負担がかかり、動きが悪くなります。

●  腸が下垂して膀胱が圧迫される

●  消化に負担がかかって下痢もしくは便秘して血流が悪くなり冷える

●  腸の動きが悪く、上半身と下半身の血流がうまくいかず、頭は熱くなり足は冷える。

●  足の血流が悪くなって、筋肉が硬くなり骨盤底筋が弾力を失い尿意を我慢できなくなる。

 

現代人は、好きなものや冷たいものをいくらでも食べられ

体を動かさないデスクワークを一日中行なっている女性がほとんどなので

若くてもこういった症状に悩まされている人が多いのですね。

 

自分でできるお灸とヨガで治す頻尿(過活動膀胱)と尿もれ

 

さて、どうやったらよくなるか?

NHKでは『会陰』のツボを刺激していましたが、

そのほか消化機能をよくして行くことが大事です。

消化機能をよくし、尿もれや頻尿(過活動膀胱)に良いツボ

NHKで紹介されていたツボ

「足三里」や「百会」「関元」「中極」のお灸や鍼も

効果があります。

 

 

 

脚を鍛えて血流をよくし、尿もれや頻尿(過活動膀胱)を防ぐヨガ

 

ある方にこちらのポーズを教えたら、

その日は夜中にトイレに行かずにぐっすり眠れたそうです。

 

ヨガでは、「ヴィラバドラアサナ(勇者のポーズ)」

「ドッグポーズ」も効果的です。

 

脚を使うことで内転筋が鍛えられる。

そして、それによって骨盤底筋が引き上がり弾力が蘇ります。

この内転筋と骨盤底筋は、経絡では先ほどの「脾経」「腎経」なんですよ。

 

とはいえ、いきなりは難しいですよね。

無理して膝が痛い、、、なんてなっても困ります。

先ほどのヴィラバドラアサナ(勇者のポーズ)の簡単なやり方を動画にしてみましたよ!

ぜひお風呂上がりにでもやってみてください。

 

え?これもむずかしい?

大丈夫です!8割近くの人ができません。

(これでも私は20年近くヨガやってるからできるだけ)

和心堂では、その人の体の硬さにあったヨガを指導しています。

また自宅でできるお灸のやり方も!

もちろん鍼治療もしています。

あなたに最適な方法で頻尿や尿もれ(過活動膀胱)のケアを指導していますよ。

とにかく悩んでないですぐ相談!自分にあった方法から取り入れてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
絵里子
重度のアトピーで寝たきりになったのをきっかけに、ヨガ・瞑想・東洋医学(鍼灸)の世界にハマる。おかげで、治りにくい大人アトピーをすっかり完治。現在は東洋医学(鍼灸)・ヨガ・瞑想の3つの力で更年期前の疲れを健康&キレイに根本改善する女性鍼灸師として活躍。東京都三鷹の和心堂院長。セミナーや企業研修の講師も行なっている。
詳しいプロフィールはこちら