日本初!東洋医学(鍼灸)・ヨガ・瞑想の3つの力で更年期前の疲れを内側から健康&キレイに根本改善する女性鍼灸師 和心堂 口コミNo.1

クイズで「読むだけでキレイ&元気になる生理と女性ホルモンの本当の話」無料プレゼント

プロフィール

このページを訪ねてくださってありがとうございます!

東洋医学×ヨガ×瞑想で日本の女性を元気にする鍼灸師・東洋医学コンサルタントの宮城絵里子です。

本当はただの健康オタクです(笑) 私がなぜ健康オタクになったか、ぜひこちらをお読みいただけると嬉しいです。

<略歴>

  • カリタス女子短期大学フランス語科卒業
  • オフィスワークの仕事をしていたが、この間重度のアトピー性皮膚炎を患い、心とからだの関係に向き合うこととなる。
  • インターナショナルヨガセンター(IYC)とSHIZEN Yoga Studio にそれぞれ3年間勤務。
  • 東洋鍼灸専門学校・鍼灸あんまマッサージ指圧科卒業
  • 2013年に東明堂石原鍼灸院の石原克己先生に師事し鍼灸 和心堂を開院。
  • 東洋医学講座・セルフケア・企業研修などのセミナー講師をつとめる。
  • 鍼師(国家資格番号:第156664号)
  • 灸師(国家資格番号:第156406号)
  • あんま指圧マッサージ師(国家資格番号:134905号)
  • 瞑想指導・パーソナル・ヨガトレーナー

小さい頃から病弱だった

病気とは本当につらいものです!私自身小さい頃から、いろんな病気に悩まされてきました。

幼い頃の私は、喘息、自家中毒、アレルギー性鼻炎、病院通いは当たり前、入退院を繰り返すほどひどいものでした。

 

「自分は病弱なんだ、生まれ持ったものだから仕方ないんだと思って人生を過ごしてきました。

 

そんな幼少期のおかげで、いつも自分は弱い存在なんだと思いこみ、自信が持てず、好きなことを自由にすることもできませんでした。

 

また自家中毒になると、決まって見る夢がありました。

たくさんの人に囲まれて(と言っても映像は見えないのです。そういう設定になっている感じ。)

「お前のせいだ!」と責められている夢。目がさめると「ああ、よかった!今じゃないんだ」と思いました。

当時はまだ3歳にもなっていないのに、繰り返し見る夢。

生まれてから長い間、訳の分からない罪悪感にすごーく苛まれていました。

 

その理由がわかるには大人になるまで待たなければなりませんでした。。。

不思議なことっていっぱいありますね。これはまたいつかブログにでも書こうかと思います。

 

突然一夜にして全身のアトピーになる

東洋医学を知った今ならば、突然病気になったわけではなく積み重ねであったことがわかります。

 

しかし、あの当時はまるで青天の霹靂でした。20代半ばの頃、ストレスから、一夜にして全身が重度のアトピー性皮膚炎になりました。

当時付き合っていた彼氏に一週間ぶりに会った時、あまりの変容にギョッとしていたのを覚えています。そのくらい別人になってしまったのです。

30代半ばの私

2018年現在の私

 

病気はひどく寝たきり状態。体重は38キロを切りました。

毎日どんぶりに山盛り剥がれる落ちる皮膚。かき集めては毎日泣いていました。

かゆみと痛みで夜も眠れず、皮膚はただれ布団は血まみれになりました。

また、白内障を併発し一ヶ月ほとんど目が見えなりました。

顔半分にはひどい水泡がぎっしりとできたりしてまるでオバケのようになったこともありました。

 

「どうして自分はこんなに苦しまなければ生きられないのだろう?」と泣き暮す日々が続きました。

20代半ばの、周りのみんなが一番きれいで美しい時に、私は重度のアトピー性皮膚炎になり本当に惨めて苦しいこの病気を通して自分自身の生き方そのものを考えざるをえなくなりました。

 

当時あまりに痒くてかきむしってえぐった皮膚は今も白く残っています。

 

病が新しい生き方を知る転機に

毎日家でただ寝ているだけの日々。

ある日、ずっと相談に乗ってくれた友人が こう教えてくれたのです。その友人は姉の友達の友達。

ずいぶん遠い赤の他人の彼女が、ひょんなところから私のことを知り、「興味あればいつでも相談になるから連絡をちょうだい」と言って電話番号を姉に渡してくれたのです。

誰にも会えず話すこともできずに孤独で苦しかった私は、まだ出会ったことのない彼女に電話をしました。

そんな彼女がこう教えてくれました。

 

「人生は自分の想いによって創られるんだよ」

 

半ば人生は変えることができない、とあきらめていた私にとっては 想いで人生を変えることができるなんて!と目からウロコでした。そしてそれは希望の光でした。

それまでの人生を見ても、ただ風に飛ばされる木の葉のように自分の意思を持たずして、ただ状況に流されて生きてきた自分を振り返りました。

 

「『弱い存在』と思い込んだことで、ますます自分を弱くしている」ことに気づきました。

 

それからというもの 「自分が求めているものはなんだろう?」「心とからだはどのようにつながっているのか?」と自分を見つめながら毎日を送り始めました。

彼女は1年間電話でずっと相談にのり続けてくれました。

そしてようやく一年後に彼女に直接会いに言った時は、本当に言葉に表せないほどの感謝と感動でいっぱいでした。

 

(後で聞いた話によると、彼女は私と電話で話す前に夢の中でとても懐かしい友達に会って抱き合っている夢を見たそうです。それが過去生で出会った私であると直感的に感じて電話番号を渡してくれたそうです。今でも親友としていつも助けてくれています。)

 

 

ヨガと瞑想の気持ち良さにハマる

人生が想いで創られることを知りましたが、正直言ってそれでもアトピーを治すのには時間がかかりました。

自分をどうしても好きになれない。ストレスでいっぱいの毎日では なかなか身体も休まりません。 心と身体が一致するには時間がかかりました。

家で療養している時に心配してくれた近所のおばさまがヨガに誘ってくれました。

今のようにおしゃれではなく集会所のようなところでやったのが始まりでした。なんて地味だったことか(笑)

 

そんな地味な中でも呼吸と体が一体になって「今、私はここにいる」という感覚になんて気持ちがいいんだ〜!」とすっかりハマったのを覚えています。

 

それから、1年経って生活ができるようになりました。アトピーは相変わらず治っていませんでしたが、突如一人暮らしをし、働き始めました。(今思えば仕事も決まっていないのにいきなり思い切ったことをしました 笑)

 

当時スポーツメーカーに勤めていたのですが、「ヨガが好き」と言ったら「なにそれ?宗教?」と笑われた時代でした。

 

日本では知られていませんでしが、当時は海外でヨガが流行っていた頃でマドンナやスティングがヨガをしている、という記事を読んでは「ああ毎日ヨガしたい!」と憧れていました。

 

そんな気持ちもあって今ではすっかり有名になったインターナショナルヨガセンターに通い始めて、そのまま転職してしまいました。

 

ヨガでほっと一息の図。

 

見えているものだけが全てではないと教えてくれたヨガと瞑想

 

そんなわけでヨガと瞑想にすっかりハマりました。ちょうど日本に初めてヨガブームが起こり始めた頃でした。

 

ブームになったおかげで、インストラクターコースなどが流行りました。

まさに「猫も杓子も」ヨガを始めて1ヶ月もしないのにヨガの先生になる人も出てきました。

私も「クラスやらない?」と声をかけられましたが、私は朝はヨガの練習をして、

そのままスタジオのオフィスワークでお仕事という毎日を送りました。

ヨガが大好きなだけにそんな簡単に人に教えられるものじゃない、という気持ちがあったんですね。

 

それに当時は生活は普通にできているもののアトピーは治っていませんでしたから

どうしても人前に立つ準備ができていない、と感じていました。

 

ヨガとは「つなぐ」という意味です。

 

ヨガのポーズは、瞑想のために体と心を調えるために、準備としてポーズをするのです。

 

「ただひたすら真摯に自分自身と向き合うこと」

 

ヨガはそんな時間を私に与えてくれました。

瞑想することで自分の体と心のつながりが自然と見えるようになっていきました。

ヨガと瞑想のおかげで観察力がみにつきました。

 

 

自然治癒力を引き出す東洋医学に出会う

 

自分が変わると大切なことはおのずと引き寄せられてきます。

私の心はもちろん、からだも、取り巻く環境も少しずつ変わっていったのです。

 

そしてヨガの仕事をしているときに、ある鍼灸師の先生に出会いました。

(直感的にこの先生だったらアトピーが治るかもしれない!と思いました。

数年して知ったのですが、他にもお世話になった方知り合いだったりしてとてもご縁の深い人でした。)

 

ある日、その先生が「人の体を扱う仕事に向いているよ!」

と言ってくれたのをきっかけに東洋医学に魅せられ、

鍼灸学校に入学することになりました。

 

東洋医学では人は小宇宙だといいます。自分の中のこの小宇宙をどのように扱うかによって人生は変わっていきます。

 

鍼灸をすると身体の中の変化していくのを感じます。

身体との対話に耳を澄ますようになってくる。

だれもが持っている身体の自然治癒力の感性が磨かれていくのです。

 

また、不思議なもので、人間は病気になるときは

感性が鈍くなっていろんなことが麻痺するのですが、

治っていくときは今まで以上に感性が敏感になっていきます。

 

心も体も私を取りまく環境もすべてはつながっていて、

それらの声を聴くことによって人間本来の自然の力が生きるとき、

人は心身ともに生き生きと輝き出します。

東洋医学を知ったことにより、私は治し方がわかりました。

 

全ての病気が鍼灸だけで治るわけではありません。

しかし東洋医学を知ることで、今の自分に最適な方法がわかります。

 

私はただひたすらそれを実験し、自分自身をすっかりと完治させたのでした。

東洋医学の凄いところは原理原則がわかれば、

自分の病気だけでなく他の人の病気についても同様にわかるようになることです。

また、自分の経験知から「次にはこうなるかも、今はこうなんだろうな?」と

相手の状況が容易に想像できるのは、私にとっても強みになったのでした。

 

まずは自分を知る一歩を

 

最近では量子力学の発展で、ようやく東洋医学の関心と理解が高まってきました。

というのも、東洋医学は量子力学と同じ結論・原理原則だからです。

(現代は、量子力学のおかげでIT技術やスマホが使えるようになりました。)

 

以前は、東洋医学は非科学だ!なんて言われてきました。

それもそのはず、今まで理解されてこなかったのは、

いまだ解明されていない「心と体の自然科学」だからです。

これだけ科学が進んでも、まだまだこの世は未知の世界なのです

 

東洋医学を学んでみるとシンプルでしっかりした基本理論があります。

先人の鋭敏な感性によって導き出された自然と人間の科学です。

それでいて誰にでも簡単に使えるものです。

 

病気は自分の心とからだに真剣に向き合う最良の機会です。

今辛い想いを抱えている方にとって、そんな風に思うことはできないかもしれません。

 

しかし過去にあれだけひどかった私自身、

今の私は若い時よりもっと健康で心地よい自分でいられるようになりました。

 

辛い想いを抱えておられる方も、私と同じように素晴らしい生き方を見つけて頂きたいと心から願っています。

 

まずは私と一緒に、自分の心と身体をつなぐことから始めてみましょう!

皆様とのご縁がつながりますように。心よりお待ち申し上げています。